総合カタログ2020|物理療法/リハビリ機器
160/380

ローカス3D MA-3000 / MA-5000ローカス3D MA-3000 / MA-5000臨床の現場でも簡単に素早く、精度の高い「動作の計測・分析」がおこなえますハイブリッドローカスマーカーがカメラから隠れても、複雑な動きを正確に計測別途御見積価格ローカス3D三次元動作分析装置は、人物などの動きを複数のカメラを使用して計測するものです。主に肘、手首、膝関節点、足関節点などの各関節点に反射マーカーを取り付け、カメラから照射される赤外光が当たると反射マーカーが光り、その動きをコンピュータが三次元座標の位置情報に計算して動作を計測・分析します。小さなスペースでも、短時間で手軽に計測ワンクリックで校正が完了できる、カメラが3台セットされた「ユニットタイプ」(オプション)。キャスター付きで設置の手間なく簡単に計測できます。カメラはコンパクトな手のひらサイズナインセンサーシステム承認番号22500BZX00007000(MA-3000)届出番号13B2X00201000030(MA-5000)計測方式赤外線反射方式(MA-3000)/カメラ台数3〜16台計測範囲カメラ8台を直径6mのサークル状に設置した場合、計測周波数100Hz(MA-3000)/ 240Hz(MA-5000)精使用マーカーサイズ5〜30mm認識マーカー個数標準32個(最大64個)度画角の±0.1%以内分かりやすい日本語表示の解析で、レポートは瞬時に出力できます。赤外線反射方式、画像方式(MA-5000)直径3mの半球状計測範囲となる「ローカス 3D(赤外線反射カメラ)」と「ナインセンサーシステム(モーションセンサー)」を組み合わせた動作分析システム。カメラの死角でも精度の高い優れた位置情報を検索できます。→「ナインセンサー」P.160参照設置が容易な小型カメラ(設置例)。リハビリ機器測定評価運動解析REHABILITATION EQUIPMENT 三次元動作分析システム159

元のページ  ../index.html#160

このブックを見る