展示会・セミナー情報

Exercise Therapy

ミュータス

F-1

運動解析

ハンドヘルドダイナモメーター(HHD)のスタンダードとして高い評価。 超小型フォースプレートで「徒手筋力検査方式」と「固定ベルト方式」の2 つの筋力測定が可能。

ミュータス(μTas F-1)は、超小型フォースプレートにより、あらゆる方向からの筋力を4 つの荷重センサーで正確に計測できます。

・センサーは超薄型・超小型・超軽量・4 点支持型です。
・4 点支持型センサーは、偏心荷重や荷重の入力角のズレにも誤差が生じにくい構造です。
・固定ベルトの採用で、等尺性筋力が正確に測定できます。
・大型筋力計と比較しても、同等精度の信頼性が証明されています。

ミュータス F-1
ミュータス F-1
ミュータス F-1

ミュータスは、薄型センサーに反発する力を受けとめ正確に測定します。

計測用固定ベルトを使用することで、検者の徒手力によらず、被験者との筋力差による影響を受けることなく正確な測定ができます。

固定ベルトは幅広い計測場面でお使いいただけます。

・膝伸展筋力の測定
・股関節屈曲筋力の測定
・膝屈曲筋力の測定
・股関節外転筋力の測定
・股関節伸展筋力の測定
・股関節内転筋力の測定

ミュータス F-1

固定ベルト方式

ミュータス F-1

徒手筋力検査方式

測定精度の信頼性について

下肢筋力を設置式大型筋力計とミュータス F-1でそれぞれ測定した結果を比較したグラフ。それぞれの測定値の間に有意な正相関が認められ、測定精度の信頼性が証明されています。

測定精度の信頼性について

固定ベルトの効果

「表1」のように従来方式の場合、筋力の弱い女性では正確な測定ができていません。しかし「表2」のように固定ベルト方式の場合、体格差の影響を受けない安定した測定結果が得られています。

固定ベルトの効果
ミュータス

¥190,000

計測方式 ワイヤレストレインゲージ方式
測定範囲 0 ~ 100kg
最小測定荷重 0.1kg
表示単位 kgf、N、lbf
表示器 液晶表示 128×80ドット
外形寸法 62×62×27(H)mm(本体)
56×56×20(H)mm(センサー部)
電源 単4 乾電池×2 本
計測モード オート、マニュアル
消電時間 2 分、6 分、12 分
機器構成 ミュータスF-1 本体、センサー(アタッチメント付き)1 台
延長ケーブル1 本、等尺計測補助ベルト1 本
ハンド計測ベルト1 本、単4 乾電池×2 本

製品についてご不明点などありましたらお問い合わせください。

著作権について : 当ウェブサイト上の一切の著作物(文書、写真、資料など)に係る著作権その他の権利は、当社ならびに著作権を有する第三者に帰属します。