総合カタログ2020|物理療法/リハビリ機器
166/380

ピピピッウォークWay MW-1000ピッ別途御見積価格別途御見積価格後足部:負荷訓練前足部:免荷訓練前足部、後足部の2つのセンサーにより、歩行訓練上に必要なデータが得られます。【シート組み合わせ例】■ シート2×4枚■ シート2×8枚千鳥足歩行、神経疾患などの不規則な歩行、長距離を歩くとカーブしてしまう歩行などを計測できます。松葉杖の歩行、Uターン歩行(オプション)の歩行評価がおこなえる最小のセットです。ウォークWay MW-1000(シート式下肢荷重計)最大長9.6m・最大幅1.2mシートは組み合わせができるので計測環境に合わせてサイズが自由に設定シート式下肢加重検査は、シート式足圧接地足跡計測装置で下肢荷重を計測し、歩行時における時間因子・距離因子をリアルタイムに自動計測するものです。歩行の接地足跡や圧力分布状態をモニターできるので、歩行能力の介入改善評価や、高齢者の運動・歩行機能評価、転倒防止の介入計測に最適です。行機能評価、転倒防止の介入計測に最適です。ゲートコーダ MP-1000(靴式下肢荷重計)下肢骨折、大腿骨頸部骨折などの患者さまの訓練と評価に前後に高精度なワイヤレストレインゲージ方式の荷重センサーを取り付けた、シューズタイプの下肢荷重計です。屋内でも屋外でも自由に歩行訓練や計測ができ、歩行状態をモニタリングできます。幅60cm(計測部)幅120cm(計測部)ワイヤレス接続でリアルタイムモニター表示2つのフィードバック音を組み合わせた歩行訓練シートの幅は最大120cmゲートコーダ MP-1000届出番号13B2X00201000018■ソフトウエアフィードバック音による訓練機能、訓練結果出力(荷重バランス・荷重変化)前足・後足分離、合成荷重生波形出力、JPG出力・CSV出力左・右立脚期正規化解析、グラフ描画左・右スライド正規化時間因子解析、グラフ描画、ピーク・ボトム解析■ハードウエア計測方式ワイヤストレインゲージ方式接続方式ワイヤレス方式靴サイズ小サイズ(22〜24cm)または大サイズ(25〜29cm)定格荷重100kgfプリンタ有線接続※製品に付属する靴サイズは、大・小サイズのどちらか1足お選びいただけます。届出番号13B2X00201000017■センサー測定部(標準仕様 シート4枚)計測方式変位変換方式接続方式USB接続方式外形寸法本体:800×2400mm、600×600mm×4(計測部)センサー厚さ5mm測定ポイント数14,400ポイント測定荷重域0.2〜8kg/cm2サンプリング周波数50、60、100Hz■ソフトウエアプログラム時間因子・距離因子分析、接地足跡と圧力分布、歩行COP分布、圧力分布解析(オプション)※動作環境:Windows10pro64bit2.4m(標準シート4枚の場合)4.8m(シート8枚の場合)センサー分解能10×10mmシートの長さは最大9.6m幅広いシーンに対応リハビリ機器測定評価運動解析REHABILITATION EQUIPMENT 下肢荷重計165

元のページ  ../index.html#166

このブックを見る