WEB_OG-tanpin-tenuto-Japan-820K
10/12

Φ75アジャスター(4ヶ所))0042(浴槽ズレ防止突きボルト(※5)部6ヶ所(65)(65)(※5)(※5)浴槽ズレ防止突きボルト(※5)部6ヶ所))55※※)()(889955(())995511(())55※※(((2400)(65)(65)(※5)(※5)A(85mm未満)(65)(65)(※5)(※5)HK730-007 グレーチング部一式(標準工事用)))995511(())55※※((グレーチング幅電源:AC100VPF管は壁面より30mm程度出す電線はPF管端から500mm以上出す床耐荷重最大浴槽重量PF管排水能力排水手摺掘り込みメンテナンススペース(※3)部 700mm以上メンテナンス用スペースを確保すること。手摺建築設備工事床勾配設備工事給湯電気工事電源掘込設置工事例壁面に浴槽給湯用のカランを設けること。(推奨 : TOTO製TMGG40A)カラン湯側脚に断熱用脚カバー(TOTO製 THD30R)を取り付けること。カランの高さは浴槽縁より150mm程度あけること。浴槽設置時必要寸法(※4)部カランは取り外しができること。浴槽設置部200kg以上(φ75アジャスター1個当たり)650kg±5% (満水+入浴者100kg)AC100V 50/60Hz 15A配電盤には単独の漏電ブレーカーを設けること。(感度電流…30mA)アース線はD種の規定に準ずること。壁面より30mm程度出し通線、電線はPF管端より500mm以上出す。電線は3芯で15A以上の電流が流せること。PF管の端末は防水処理を施すこと。掘り込み部(※1)部で示した範囲は、床勾配1/50以上とする。(※2)部で示した範囲は、床勾配1/100以下とする。溝内に排水口を設けること。(80A 2カ所)トラップ等の防臭対策を実施し、排水能力100L/min以上確保のこと。浴槽設置時取り外しできること。(推奨:TOTO製 TS134GY7S)図中Aの寸法は85mm未満とする。(搬送車のシート部と手摺のクリアランス確保のため)本図の掘り込み深さは最小寸法(200mm)を示す。推奨掘り込み深さは220mmとする。浴槽設置時取り外しできること。(推奨 : TOTO製 TS134GY7S)図面Aの寸法は85mm未満とする。(搬送車のシート部と手摺のクリアランス確保のため)設置条件 Assisted-transfer Bath Systemsレイアウト図設置工事図 09

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る