展示会・セミナー情報

Exercise Therapy

ウォークWay

MW-1000

運動解析

下肢荷重計

最大長9.6m・最大幅1.2mシートは組み合わせができるので計測環境に合わせてサイズが自由に設定

シート式下肢加重検査は、シート式足圧接地足跡計測装置で下肢荷重を計測し、歩行時における時間因子・距離因子をリアルタイムに自動計測するものです。歩行の接地足跡や圧力分布状態をモニターできるので、歩行能力の介入改善評価や、高齢者の運動・歩行機能評価、転倒防止の介入計測に最適です。

ウォークWay MW-1000(シート式下肢荷重計)

【シート組み合わせ例】

■ シート2 × 4 枚 松葉杖の歩行、U ターン歩行(オプション)の歩行評価が行える最小のセットです。 ■ シート2 × 8 枚 千鳥足歩行、神経疾患などの不規則な歩行、長距離を歩くとカーブしてしまう歩行など計測できます。

シートの幅は最大120cm

幅60cm(計測部)

幅60cm(計測部)

幅120cm(計測部)

幅120cm(計測部)

シートの長さは最大9.6m幅広いシーンに対応
シートの長さは最大9.6m幅広いシーンに対応

シートの長さは最大9.6m幅広いシーンに対応

製品仕様

ウォークWay

別途御見積価格

■センサー測定部(標準仕様 シート4 枚)
計測方式 変位変換方式
接続方式 USB 接続方式
外形寸法 本体:800×2400mm、600×600mm ×4(計測部)
センサー厚さ 5mm
センサー分解能 10×10mm
測定ポイント数 14,400 ポイント
測定荷重域 0.2 ~ 8kg/cm2
サンプリング周波数 50、60、100Hz
■ソフトウエアプログラム
時間因子・距離因子分析、接地足跡と圧力分布、歩行COP 分布、圧力分布解析(オプション)

※動作環境:Windows10pro64bit

製品についてご不明点などありましたらお問い合わせください。

著作権について : 当ウェブサイト上の一切の著作物(文書、写真、資料など)に係る著作権その他の権利は、当社ならびに著作権を有する第三者に帰属します。