展示会・セミナー情報

平成30年改定 介護報酬一覧

介護サービス

通所リハビリテーション費

基本部分

要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
イ 通常規模の事業所の場合 病院又は診療所
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 329単位 358単位 388単位 417単位 448単位
(2) 2時間以上3時間未満 343単位 398単位 455単位 510単位 566単位
(3) 3時間以上4時間未満 444単位 520単位 596単位 693単位 789単位
(4) 4時間以上5時間未満 508単位 595単位 681単位 791単位 900単位
(5) 5時間以上6時間未満 576単位 688単位 799単位 930単位 1,060単位
(6) 6時間以上7時間未満 667単位 797単位 924単位 1,076単位 1,225単位
(7) 7時間以上8時間未満 712単位 849単位 988単位 1,151単位 1,310単位
介護老人保健施設
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 329単位 358単位 388単位 417単位 448単位
(2) 2時間以上3時間未満 343単位 398単位 455単位 510単位 566単位
(3) 3時間以上4時間未満 444単位 520単位 596単位 693単位 789単位
(4) 4時間以上5時間未満 508単位 595単位 681単位 791単位 900単位
(5) 5時間以上6時間未満 576単位 688単位 799単位 930単位 1,060単位
(6) 6時間以上7時間未満 667単位 797単位 924単位 1,076単位 1,225単位
(7) 7時間以上8時間未満 712単位 849単位 988単位 1,151単位 1,310単位
介護医療院
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 329単位 358単位 388単位 417単位 448単位
(2) 2時間以上3時間未満 343単位 398単位 455単位 510単位 566単位
(3) 3時間以上4時間未満 444単位 520単位 596単位 693単位 789単位
(4) 4時間以上5時間未満 508単位 595単位 681単位 791単位 900単位
(5) 5時間以上6時間未満 576単位 688単位 799単位 930単位 1,060単位
(6) 6時間以上7時間未満 667単位 797単位 924単位 1,076単位 1,225単位
(7) 7時間以上8時間未満 712単位 849単位 988単位 1,151単位 1,310単位
ロ 大規模の事業所(Ⅰ)の場合 病院又は診療所
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 323単位 354単位 382単位 411単位 441単位
(2) 2時間以上3時間未満 337単位 392単位 448単位 502単位 558単位
(3) 3時間以上4時間未満 437単位 512単位 587単位 682単位 777単位
(4) 4時間以上5時間未満 498単位 583単位 667単位 774単位 882単位
(5) 5時間以上6時間未満 556単位 665単位 772単位 899単位 1,024単位
(6) 6時間以上7時間未満 650単位 777単位 902単位 1,049単位 1,195単位
(7) 7時間以上8時間未満 688単位 820単位 955単位 1,111単位 1,267単位
介護老人保健施設
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 323単位 354単位 382単位 411単位 441単位
(2) 2時間以上3時間未満 337単位 392単位 448単位 502単位 558単位
(3) 3時間以上4時間未満 437単位 512単位 587単位 682単位 777単位
(4) 4時間以上5時間未満 498単位 583単位 667単位 774単位 882単位
(5) 5時間以上6時間未満 556単位 665単位 772単位 899単位 1,024単位
(6) 6時間以上7時間未満 650単位 777単位 902単位 1,049単位 1,195単位
(7) 7時間以上8時間未満 688単位 820単位 955単位 1,111単位 1,267単位
介護医療院
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 323単位 354単位 382単位 411単位 441単位
(2) 2時間以上3時間未満 337単位 392単位 448単位 502単位 558単位
(3) 3時間以上4時間未満 437単位 512単位 587単位 682単位 777単位
(4) 4時間以上5時間未満 498単位 583単位 667単位 774単位 882単位
(5) 5時間以上6時間未満 556単位 665単位 772単位 899単位 1,024単位
(6) 6時間以上7時間未満 650単位 777単位 902単位 1,049単位 1,195単位
(7) 7時間以上8時間未満 688単位 820単位 955単位 1,111単位 1,267単位
ハ 大規模の事業所(Ⅱ)の場合 病院又は診療所
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 316単位 346単位 373単位 402単位 430単位
(2) 2時間以上3時間未満 330単位 384単位 437単位 491単位 544単位
(3) 3時間以上4時間未満 426単位 500単位 573単位 666単位 759単位
(4) 4時間以上5時間未満 480単位 563単位 645単位 749単位 853単位
(5) 5時間以上6時間未満 537単位 643単位 746単位 870単位 991単位
(6) 6時間以上7時間未満 626単位 750単位 870単位 1,014単位 1,155単位
(7) 7時間以上8時間未満 664単位 793単位 922単位 1,075単位 1,225単位
介護老人保健施設
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 316単位 346単位 373単位 402単位 430単位
(2) 2時間以上3時間未満 330単位 384単位 437単位 491単位 544単位
(3) 3時間以上4時間未満 426単位 500単位 573単位 666単位 759単位
(4) 4時間以上5時間未満 480単位 563単位 645単位 749単位 853単位
(5) 5時間以上6時間未満 537単位 643単位 746単位 870単位 991単位
(6) 6時間以上7時間未満 626単位 750単位 870単位 1,014単位 1,155単位
(7) 7時間以上8時間未満 664単位 793単位 922単位 1,075単位 1,225単位
介護医療院
の場合
(1) 1時間以上2時間未満 316単位 346単位 373単位 402単位 430単位
(2) 2時間以上3時間未満 330単位 384単位 437単位 491単位 544単位
(3) 3時間以上4時間未満 426単位 500単位 573単位 666単位 759単位
(4) 4時間以上5時間未満 480単位 563単位 645単位 749単位 853単位
(5) 5時間以上6時間未満 537単位 643単位 746単位 870単位 991単位
(6) 6時間以上7時間未満 626単位 750単位 870単位 1,014単位 1,155単位
(7) 7時間以上8時間未満 664単位 793単位 922単位 1,075単位 1,225単位

イ~ハの注

利用者の数が利用定員を超える場合 ×70/100
  又は
医師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、看護・介護職員の員数が基準に満たない場合 ×70/100
理学療法士等体制強化加算 (1) 1時間以上2時間未満の場合 1日につき +30単位
7時間以上8時間未満の通所リハビリテーションの前後に日常生活上の世話を行う場合位 8時間以上9時間未満 +50単位
9時間以上10時間未満 +100単位
10時間以上11時間未満 +150単位
11時間以上12時間未満 +200単位
12時間以上13時間未満 +250単位
13時間以上14時間未満 +300単位
リハビリテーション提供体制加算 3時間以上4時間未満の場合 +12単位
4時間以上5時間未満の場合 +16単位
5時間以上6時間未満の場合 +20単位
6時間以上7時間未満の場合 +24単位
7時間以上の場合 +28単位
中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算 +5/100
入浴介助を行った場合 1日につき +50単位
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅰ) 1月につき +330単位
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅱ) 同意日の属する月から6月以内1月につき +850単位
同意日の属する月から6月超1月につき +530単位
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅲ) 同意日の属する月から6月以内1月につき +1,120単位
同意日の属する月から6月超1月につき +800単位
リハビリテーションマネジメント加算(Ⅳ) 同意日の属する月から6月以内1月につき +1,220単位(3月に1回を限度)
同意日の属する月から6月超1月につき +900単位(3月に1回を限度)
短期集中個別リハビリテーション実施加算 1日につき +110単位
認知症短期集中リハビリテーション実施加算(Ⅰ) 1日につき +240単位(週2日を限度)
認知症短期集中リハビリテーション実施加算(Ⅱ) 1月につき +1,920単位
生活行為向上リハビリテーション 実施加算 利用開始日の属する月から3月以内(1月につき +2,000単位)
利用開始日の属する月から3月超6月以内(1月につき +1,000単位)
生活行為向上リハビリテーションの実施後にリハビリテーションを継続した場合の減算(※) 減算対象月から6月以内 ×85/100
若年性認知症利用者受入加算 1日につき +60単位
栄養改善加算 1回につき +150単位(月2回を限度)
栄養スクリーニング加算 1回につき +5単位(6月に1回を限度)
口腔機能向上加算 1回につき +150単位(月2回を限度)
重度療養管理加算 (2)2時間以上3時間未満
(3)3時間以上4時間未満
(4)4時間以上5時間未満
(5)5時間以上6時間未満
(6)6時間以上7時間未満
(7)7時間以上8時間未満
1日につき +100単位
中重度者ケア体制加算 1日につき +20単位
事業所と同一建物に居住する者又は同一建物から利用する者に通所リハビリテーションを行う場合 1日につき -94単位
事業所が送迎を行わない場合 片道につき -47単位
ニ 社会参加支援加算 1日につき 12単位を加算
ホ サービス提供体制強化加算 (1)サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ 1回につき 18単位を加算
(2)サービス提供体制強化加算(Ⅰ)ロ 1回につき 12単位を加算
(3)サービス提供体制強化加算(Ⅱ) 1回につき 6単位を加算
ヘ 介護職員処遇改善加算 (1)介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 1月につき +所定単位×47/1000
(2)介護職員処遇改善加算(Ⅱ) 1月につき +所定単位×34/1000
(3)介護職員処遇改善加算(Ⅲ) 1月につき +所定単位×19/1000
(4)介護職員処遇改善加算(Ⅳ) 1月につき +(3)の90/100
(5)介護職員処遇改善加算(Ⅴ) 1月につき +(3)の80/100

ヘの注

所定単位は、イからホまでにより算定した単位数の合計

:「中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算」、「サービス提供体制強化加算」及び「介護職員処遇改善加算」は、支給限度額管理の対象外の算定項目

※「生活行為向上リハビリテーションの実施後にリハビリテーションを継続した場合の減算」については、「生活行為向上リハビリテーション実施加算」と対をなす評価であるため、告示の順に表記。ただし、算定構造上では、「医師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、看護・介護職員の員数が基準に満たない場合」と「理学療法士等体制強化加算」の間に注があるものとみなして単位数を算定する。

:平成30年4月改定箇所

参考:
平成30 年度介護報酬の算定構造(2019 年7 月31 日引用)
平成30 年度介護報酬改定について(2019 年7 月31 日引用)